能登で見つけたもの…

いやあ、実に全国どこにでも誇れるモノがあるものだな…。と思います。

能登のお話のつづき…。

輪島は10年ぶりでしたが、とてもきれいに街が整備されていたのです。

海風にあたってひなびた古い町の印象があったのに…。

するとそれはやはり4年前に起こった能登の大震災により古い建物が倒壊したため、ほとんどが新しく建てられたからだそう。

さて能登と言えば、「輪島の朝市」はあまりにも有名。

ずらりと並ぶテント。売り子はほとんどがおばあちゃん。
何を買おうか迷ってしまいますが、今回は「糠に漬けられたカワハギの身」「焼きあご(トビウオ)」とみづ海産物・冨水和美さんのテントで購入。

カワハギは、糠に漬かっているので程良く弾力のある固さに身が引き締まっていて、糠を拭き取り軽く水洗いし、焼かずにそのまま身を割いていただきます。
「噛めば噛むほど…」が、まさしくこれ。
チーズのような風味も感じられました。

「焼きあご」はもちろんお出汁をとったら良いのですが、塩気もなく、そのままぽりぽり骨ごといただきます。
これ、癖になる!絶対!

もう1軒のテントで花シソのお漬物

左のお写真。ハイっ!
お値段こちら!!!(笑)

茎から花シソの部分をしごいて取り、ご飯にあえて。

珠洲市にもありました、ありました。こだわりが…。
珈琲好きの私は、「二三味珈琲」へ。

私、珈琲は100グラムずつ、いつも買うのです。
それも、基本はそこのブレンド。
ブレンドはオ―ナ―のこだわりが集結されているので、それを覗き見たいから(笑)。
そして、私の好みの深入りタイプの珈琲を。
パプアニューギニアのモノにしてみましたよ。

別の場所、道の駅だったかな?「うのはな茶」というおからで出来たお茶を見つけて迷わず購入したのですが、製造者ラベルを見たら、なんとここにも「二三味さん」のお名前が…。

「うのはな茶」って、初めてでしたが、香ばしさが広がるお食事時にも、お茶の時間にもよく合うお茶。
よく、こんなものを考えだしたものです。
そのおから(茶葉ではないんです)も食べることが出来ます。(…と思う・笑)これもハマる!

同じ場所で、「ラスクロ」こと、クロワッサンのラスクを。
お店自体は定休日で伺えなかったのですが、「古川商店・シャンボール」というパン屋さんの商品。

また別の機会にお話しできたらと思いますが、気候の良い頃にしかオープンなさらないギャラリー「舟あそび」。
乙でした。聞くと金沢でギャラリーをなさっていたものを珠洲市に移り住んだそうです。

今は何でもネットでお取り寄せ出来ちゃいますが、(これらの商品も通販可能のようです)わざわざ足を運ぶお客様も多いようです。
リピーターがつく…。
これは製造者さんにとってこのうえない喜びですよね。

さて最後はお決まりの「千里浜ドライブウェイ」の夕陽でお別れとしましょうか…。

能登路

3連休は全国的に良いお天気に恵まれましたね。能登半島に行きました。

国内初「世界農業遺産」の認定を受けた能登の里山里海のひとつである輪島にある「千枚田」をご存知ですか?

国道と日本海に挟まれた小さな傾斜地に、本当に千枚以上の田がある場所。四季折々の表情を見せてくれる場所です。

「千枚田あぜの万燈」と称した、キャンドルがあぜ沿いに三万個並べられ幻想的な一夜限りの風物詩が10月に毎年行われます。

荒波の音を聴きながら、真っ暗ななか、ゆらゆら揺れるキャンドルのみの灯りに導かれ急斜面のあぜ道を歩きます…。日中は暖かくとも、やはり気温はグッと下がり頬に秋の深さが染みわたります。

能登半島は4年前にM6以上の大きな地震の被害に遭われた事、皆様も記憶に新しいと思います。よって今年の東日本大震災についても寄せる想いは強く、このイベントからも東日本への復興の願いを強く感じました。

お気持ちお届けインフォメーション・お菓子のプレゼント募集

前回のブログに引き続き、仙台在住のシャンソン歌手・貝山幸子さんよりのメッセージを…。

お気持ちお届けしまーす!プロジェクト
貝山幸子です。

 

10月29日着で、お菓子のプレゼントをしてくださる方の募集です。

お菓子で石巻の皆さんを元気づけてくださる方
ご連絡ください。

 

詳細はお気持お届けしまーすブログに
掲載しております。

よろしくお願いいたします。
お気持ちお届けしまーす!プロジェクトブログ
http://okimochiotodoke.salut-paris.com/

想いよ届け!冬を迎える気仙沼・石巻へ!

仙台在住のシャンソン歌手・貝山幸子さんよりのメッセージを今回も皆様にお届けします。

引き続き、ご協力よろしくお願いしますね。

お気持ちお届けしまーす!プロジェクト
貝山幸子です。

すっかり秋らしくなりました。
なんだかとっても寒い冬になりそうな予感がします!!

秋・冬物衣類を中心に、
プレゼント物資の受付をいたします。

10月23日(日)午前中着(石巻です)です。

 

避難所が閉鎖になり、ほとんどの方が仮設に移られました。
でも、仮設では食事、光熱費などの援助はなくなり全てが個人の負担になります。

仕事がまだ復活していない方も多いので、秋・冬物の衣料、靴、防寒用品を新しくそろえるのはなかなか難しいです。

美品、新品の、コートやオーバー、セーター、帽子、マフラー、冬物下着などよろしくお願いいたします。
日用品、消耗品、食品、なども受け付けます。

(今回は、食器の受付はいたしません。)
気仙沼からも、冬物SOSが届きました。
23日前にご準備ができる方は、気仙沼への
援助をお願いしたいと思います。

ご協力いただける方は
23日か、それ以前になるかをご一報ください。

okimochiotodoke@yahoo.co.jp

送付先のアドレスをお伝えいたします。
メールを送っていただいてから、お返事を差し上げるのに2,3日かかってしまう場合があることをご了承ください。
また、このメールに返信でご連絡をいただきますと、メールチェックまでに時間がかかってしまいます。
上記のアドレスの方へお願いいたします。

私ごとですが、やっと仙台でコンサートをする気持が戻りまして10月16日~18日、仙台&石巻でのコンサートがあります。
18日は、仙台に新しくできた、能舞台でのコンサートです。

「貝山幸子コンサート・夜明けの歌」と題しまして故郷での再スタートです!
とっても清々しく前向きな気持ちになっております!

 

急に寒くなりました。
皆様もお風邪など召しませんように・・・

 

お気持ちお届けしまーす!プロジェクトブログ
http://okimochiotodoke.salut-paris.com/

 

 

いよいよパーチメントクラフト生徒作品展2010!

 

LeSalonでは貸しギャラリーの他、日頃は「フラワーアレンジメント」と「パーチメントクラフト」のちいさなサロンとなっていて、皆さんが集います。

「パーチメントクラフト」ってご存知ですか?

来たる10月7日(木)~10月11日(月・祝) 今度はレースと見間違うような美しく繊細なヨーロッパからのこのクラフトを、当ギャラリー「Le Salon」にて皆さんにご紹介いたします。

今回は5回目の作品展となり、生徒さんは第1回目の2000年の作品展から10年選手もいますし、初心者の方までの生徒作品展となります。

ご高覧いただけると嬉しいです。

ではそのクラフトとはどんな手法かというと…。

乳白色の厚手の専用トレーシングペーパーに下絵(図案)を白いインクとペンで描き写し、今度は紙の裏から鉄筆でエンボス(凹凸模様)をつけます。

レース模様をさらに施したい場合には、針とハサミを使って一針ずつ丁寧にカットして創り上げていきます。

お道具はオランダからやってくるのですよ。

ヨーロッパは冬が長いので、暖かいお部屋にこもって、お年を召された方たちがゆったりとした気持ちで、このパーチメントクラフトを楽しみます。

日本では10年程前から大ブレークです。

まずは季節のカードを作りますが、結婚式やインテリアとしてのウェルカムボードにしたり、ランプシェードや小箱なんかも出来ちゃいます。

10月の三連休は季節も良いのでご旅行の方も多いのでは…?

大阪を見逃した方は、続いて金沢を巡回しますよ。

11月3日(水)~8日(火・祝)まで9:00~17:00(最終日15:00)、兼六園近くの石川県立美術館広坂別館で行います。

ちいさな旅のついでにお立ち寄りください。

お教室ご案内 http://www.le-salon.jp

当サロンは金沢や大阪の阿倍野でもレッスンを行っています…。

 

25ansウェディング・結婚準備スタート号掲載ブーケ

アーティフィシャルフラワーブーケがどんどん注目されています!!!

9月22日発売ハースト婦人画報社出版「25ansウェディング2012春・結婚準備スタート号」の別冊付録「リゾートウェディング」に私デザインのアーティフィシャルフラワーウェディングブーケが3点掲載されていますので、是非ご覧くださいね。(9・10・12・16ページ)

  

  

 

このブーケ達、ロケ地はモナコでした。私自身は呼ばれておりませんが(笑)…。

かわいい外人モデルさんに持っていただいて光栄です❤❤

是非、皆様のお知り合いでウェディングに限らず、ご訪問のギフトや金婚式のお祝い・赤ちゃんのご誕生などブーケのオーダーございましたら、ご紹介くださいね。

心を込めてお作りします!