めぐみさん!めぐみさん!

「女性の名前」がついているお花がたくさんあること、ご存知ですか?

プリンセスミチコ…。プリンセスマサコ…。薔薇の名前が多いのですが…。

今日の花市場で入荷したのは「めぐみ」。それもスイトピー。

実は、女性の名前から取っているのかどうかわかりかねるのですか、私には学生時代からの大切な友人の中の一人に「めぐみ」という名前の女性がいて、なんとなく彼女の天真爛漫な笑顔を思い出し、手を伸ばしてしまいました。

とてもあたたかい色合いでしょ。

スイトピーには天然の色合いのものと、染めのスイトピー(色水を吸い上げさせたもの)がありますが、この「めぐみ」は天然色。

「めぐみ」は明日の「花でのおもてなしクラス」で使用します!!

左の写真のブーケにも、「マリーアントワネット」の名を持つ華麗なるスプレーバラが…。写真下の方にある巻き薔薇です。

このブーケは60代の女性へのオーダーギフトでしたが、きっと喜んでくださったことと思います。

また今日から、「この冬1番の大寒波」だそうですね。この冬は何回この言葉を聞くことでしょうか…。

せめて暖色のお花で、皆様どうぞ癒されてください…。

って、実は自分自身に言っている…(笑)。

 

 

 

 

2月16日書店店頭発売!

フォーシーズンズプレス社発刊「BEST FLOWER  ARRANGEMENT」(季刊ベストフラワーアレンジメント春号・41号)が発売されます。

今回は160ページ「初めてさんのための王道ABC(アーベーセー)」特集の「Lecon3 小粋なガーリーパリジェンヌstyle」を担当させていただきました。

上の写真は撮影用のフレッシュフラワーをいけた直後に、うちのサロンの窓辺に置いて私が撮ったものです。

ガーリーとは「可愛らしい」とか「少女趣味」などの意ですが、ガーリーなものってお洋服でも髪飾りでも今、大ブームですよね。

個人的に、私もガーリーなモノ、あれこれ持っています(笑)。皆さんはどう?

最近は文具の付箋とかメモとかポーチとか、ホントかわいいもの目に留まりますよね~。

お洋服はシンプル好みなのですが、小物は私、ガーリー派なのですよ。

今回のフラワーアレンジメントではガーリーをイメージさせるモコモコ毛糸や糸を合わせてみました。

詳しくは本誌でね(笑)。作り方やポイントも掲載されていますので…。

生徒の皆さんにお知らせしたら、皆さん本屋さんにお出掛けになるより、アマゾンでご注文なさる方が多くて驚いてしまいました。

私は「本屋さんに走る派」ですので…。アナログな人間です(笑)。

 

 

 

バレンタインデーの収穫です!

昨日はバレンタインデーでしたね❤

レッスン後のティータイムでは、皆さんに私の友人がオーナーシェフである仏蘭西菓子のお店「ムーラタルト」のこだわりトリュフを召し上がっていただきました。

美味しいとレッスン後に買い求めに行かれた生徒さん…「もう売り切れでした…」と、しょんぼり(笑)。

http://www.le-moule-a-tarte.com/

 

Mさんから「先生、チョコレートがお好きだとお聞きしてましたけれど、あえて和のバレンタインを…」と、まさかの逆プレゼント!!!きゃ~。

それも私の大好きな京都「和久傳」さんのお菓子。

初めていただいた「しの」…。「一休菓子」とひとこと添えられておりました。

「和のトリュフ」とたとえられたこのお豆は、ひと粒の唐納豆を上質のこしあんで包み、和三盆の衣で飾られたもの…。

 

Iさんからは、ベルギーのショコラセレクトショップ「レーヴ ド ビジュー」のチョコレートをいただいちゃいました!

パッケージもチョコレートみたいなの。香りがついていそう…。お箱のエンボス感が高級感をより一層、際立てます。

和訳すると「宝石の夢」だそう。

舌触りがなめらかで、一粒で幸せを頂戴しました…。

 

「気持ち」を伝える甘い甘いバレンタインデー…。

 

 

 

 

鮮やか~。

今回の各レッスンでの花材は、色鮮やかなものばかりで、写真に撮ると華やかですよね。

左の写真は生花です。「花でのおもてなし」クラス。

手前はピントがあっていませんが(笑)、「ぜんまい」なのですよ。

使用したドイツのリボンやタッセルの色もショッキングピンクとかオレンジ…。

そういえば、今朝のテレビのトレンド情報で、この春のお洋服の流行色は「黄色」をメインに明るい色だそう!

今、本屋さんの店頭に並んでいる各女性誌も「3月号」…。

だからよね。表紙を飾るモデルさん達のお洋服が、あふれんばかりの華やかさで、目をひきます。

右のお写真は「アーティフィシャルフラワー」のクラス。造花です。

オレンジのお洋服のカラーも素敵。

確かにきれいな発色のお洋服を、そろそろ身にまといたいですね…。

 

静けさ

あんなににぎやかだったクラスが終わると、次のクラスまでの合間の時間はこんな感じ。

また次のLeSalonの新しい仲間の笑顔を待つ…。

「先生、こんにちは~」と、生徒さんの明るい声が、コツコツと靴の音と共に聞こえてきました…。

 

ほっこり…

 

「立春」の頃、暦では春なのに本当にお外は寒い…。

ブルーピーチという名のダリアを花市場で見つけました。

友人が海外旅行のお土産でプレゼントしてくれたマイセンの白磁の小さな1輪ざし…。

春よ、もっとホントに近くに来い…。