シャワーブーケ

鉄砲百合の花が気品高く、咲き誇っているでしょ?本当に美しい…。フランス式フラワーアレンジメント シャワーブーケ

こちらは「フランスフローラルアート協会」中級のアーティストクラスのカリキュラムの中でも大作です。いけこむのに時間がかかりますが、このブーケの優美さ、フラワーアーティスト冥利につきます。生徒さんの作品です。

実際にこのブーケを持つ方は、大きなブーケで重量もありますので、背の高い女性向きでしょう…。

シャワーブーケと呼ばれるのは、その名の通り、滝が美しく流れ落ちるイメージであるから…。

シャワーブーケ2よって、花材にはその流れをイメージできる柔らかいニュアンスのものがよいでしょう。こんなユーカリとか、デルフィニウムとか、ニゲラ、ラクスパー、ミスカンサスなど…。

サムシングフォー(フランス式アレンジを提唱しているのにアメリカの言い伝えを混ぜ込みますが…冷や汗 (顔)、少しブルーのお花を入れると、新婦さんは喜んでくださいますよ。

 

脚線美ならぬ曲線美!

ヨウシュヤマゴボウ 花材このフラワーアレンジメントのTopにいけられているグリーンの枝物はエニシダ。そして中間にいけられている実物はヨウシュヤマゴボウ。ヨウシュヤマゴボウは、昔は道端でよく大きく群生していたのも当たり前に見たものですが、最近では市場でもたまにお見かけするだけ。

共に独特の曲線を持つ花材です。

今日ご紹介するのは、「フランスフローラルアート協会」コース・プロフェッサー(上級)クラスの生徒さんの作品。

アールヌーヴォーを意識していただきました。アールヌーヴォーとは「新しい芸術」の意。19世紀後半から20世紀初めにパリなどヨーロッパで栄えた芸術様式。

代表的なものとしてはエミール・ガレやルネ・ラリック、そしてドーム兄弟のガラス工芸が有名ですが、昆虫や植物のモチーフのランプや花瓶を、きっと皆さんもご覧になったことがあるでしょう。諏訪湖畔や清里の「北澤美術館」に多くの所蔵品を拝見することが出来ますよ。

今回のフラワーアレンジメントレッスンでは、アールヌーヴォー時代の作品を再現という意味合いではなく、アールヌーヴォー様式、つまりは曲線をいかした芸術を意識した作品を表現しています。

色彩についても、この時代は庭に咲くアイリスや藤の花のモチーフなどが多く取り上げられるため、紫系の野原風のイメージを持つのも大切です。

時代に想いを馳せてのフラワーアレンジメントも、なかなか乙なものです…。

フランス式フラワーアレンジメント アールヌーヴォー

 

香りの講座

アーティフィシャルフラワー 香りの講座2当「Le Salon」は香りをまとった造花の学校である「セントアーティフィシャルフラワーアカデミー」協会の代表理事校です。私、芳村久美が協会代表を務めさせていただいております。

「香りの講座」はここ「Le Salon」にて、香り講座専任の芳賀みゆき講師により、わかりやすい内容で繰り広げられます。セントアーティフィシャルフラワーアカデミーで使用する香りは芳賀みゆき講師の調合によるもの。当アカデミーオリジナルです。品のある本物の香りを知っていただきます。

サロンにアロマが立ち込め、リラックスした気分でレッスンが進みます。生徒さんもいつものアーティフィシャルフラワーアレンジメント作品のカリキュラムと雰囲気もレッスン内容も違うので、またお楽しみのひとときとなります。

必要なシーンにおいて、アーティフィシャルフラワーアレンジに香りをまとうことで、ワンランク上のインテリアやギフトへと価値があがります。そのためにも「香りの基礎知識」を学び、自信を持ってアレンジメントに香りをプラスしていただくのです。

セントアーティフィシャルフラワーアカデミーにご興味ある方々のお問い合わせが、グッと増えて参りました。

広々としたLeSalonにての洗練されたデザインカリキュラムによるレッスン、レッスン修了後、近い将来、私のようにサロンを持ちたい方の方々のご支援をさせていただいております

アカデミー指定の「香りの講座2単位」を修了後、このように修了証をお渡しさせていただきますね。(前列中央左が代表の芳村久美・右が芳賀みゆき講師)

http://www.s-a-f-a.com/(セントアーティフィシャルフラワーアカデミー公式ホームページ)

アーティフィシャルフラワー 香りの講座

 

いやん❤

揺れるハート生徒さんのiPhoneケースのかわいいこと

iPhoneケース

 

野ばらのツルを編む…

私、教える側としてもこの時間が好きで、生徒と一緒にワクワクしてしまいます。野バラリース

ツルものを編むレッスン…。今回は、まだ赤くはなっていない緑の野ばらのツルをベースの意にクランツ(英語ではリース)を学びます。通常、野ばらには細かいトゲが一杯でいたいのですが、今回の仕入れではトゲなし野バラをゲット。よって、生徒さんもクランツが巻きやすいのです。

ハイドランジアのプリザーブドフラワーとピンクペッパーのドライを彩りにいれて、どうでしょう?

可愛くできましたよね~。お教室にプレゼントしてほしかったわ…(笑)。そんな訳には…。ね?

実物リース

貝山幸子コンサート バルバラとエディット・ピアフを歌う

貝山幸子・渡辺剛・白土庸介

もう今回で3回目となるLeSalonにてのシャンソン歌手・貝山幸子さんのコンサート。

本来は昨年3月11日に東京・渋谷で開催する予定のツアー。貝山幸子さんの故郷は仙台です。早いもので大震災から1年以上が経ち、5月に東京・仙台そして東北3県のコンサートを経て、いよいよ西日本ツアー。この大阪「LeSalon」の後、広島・福岡へ…。

バイオリンの渡辺剛さん、ギターの白土庸介さんとのトリオで、ニューアルバム「バルバラを歌う」リリース記念の仏蘭西歌会です。シャンソンをもっと身近に感じてもらいたいという想いで、訳詩を貝山さんがつけて、わかりやすく心地よく聴かせてくださいます。シャンソンコンサート様子

今回のお客様はプロのミュージシャンの方も多くいらっしゃいました。コンサート前半はピアフ。後半はバルバラの曲を…。

エディット・ピアフは「愛の讃歌」の代表作でおなじみですので、ご存じの方が多いかと思いますが、人生哲学というより、「あなたが好きだ」という恋愛の激しい歌が多く、今回は「王様の牢屋」という代表作が印象的でしたよ。

バルバラはマニアックなシャンソン歌手で、「死」とか「孤独」をテーマに人間が避けられないテーマを多く歌っているそう。歌詞の中で、例えば「死に憧れて」という曲の「旅立つ時を私は選ぶわ。あの美しい時を…」とか、「私の美しい恋物語」という曲では、「長い道を歩いていれば大切なものがみつかる。迷わずに歩きなさいとあなたは唄っていた…」など。

貝山幸子さんCDなかなかシャンソンを聴くひとときは人生を考えさせられます…。また日本語で貝山さんのとても綺麗な耳馴染の良い歌声により、心にぐっと染み渡るのです…。

そんな合間の、3人のトークショーは笑いも多くて、是非今度の機会には、もっと多くの皆様にお越しいただけたら…と思います。

LeSalonのお教室では、貝山幸子さんのシャンソンCDをバックミュージックにレッスンを…。

そして、ずっと続いている貝山幸子さん発起人の石巻市への「お気持ちお届けプロジェクト」にこれからも私たちも賛同させていただきますね!また、皆様へはこのブログより発信させていただきますので、是非ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

残り少なく…

セントアーティフィシャルフラワーアカデミーの体験作品「綿棒ケース」はどなたにも大変好評で、そのままご入会いただく方が多く有難い限りです。

この綿棒ケースに使用しているリネンカバーも、私、芳村久美がデザインして布やリボン・刺繍糸を指定し、職人のお針子さんにオーダーしたこだわり品です(笑)。でも、もう枚数が僅かになってきました。このリネンカバーが終了しますと、体験作品はデザイン一新となります。それはそれでお楽しみに…。

私は、「粋」で「LeSalonらしい作品」を「体験」でも、「カリキュラム」においてもお届けするようにしています。

ワンちゃんを室内で5匹飼っていらっしゃるというOさんの作品。早速ご入会で、もうすぐ初レッスンです!!!ワンちゃんが気に入って、今後の作品にジャレつきませんか???

http://www.s-a-f-a.com/

アーティフィシャルフラワー講座体験

ディートリッヒとエディット・ピアフ…

演目 Dietrich(ディートリッヒ)

出演 和央ようか・荻野目慶子・鈴木綜馬・新垣里沙・姜暢雄・今井清隆・今陽子ほか

東京公演 10月29日~11月4日 青山劇場(S席12000円他)

大阪公演 11月16日~11月18日 森ノ宮ピロティホール(全席指定12000円)

お問い合わせ先  和央ようか事務局  03-5728-3135

大きくうねる20世紀を駆け抜け、何者にも左右されず、家族を、友人を、恋人を、そして祖国を愛した気高き伝説の女優/シンガーであるマレーネ・ディートリッヒを和央ようかさんが演じます。ご興味ある方は、サロンに上のお写真のような素敵なリーフレットをいただいておりますのでね。是非お持ち帰りください。

そして、エディット・ピアフに荻野目慶子さん。ディートリッヒより14歳年下のピアフとのエピソードとして、ピアフの恋人の墜落事故による悲劇を知らせる役目をおった…ということがあります。ディートリッヒは「あなたが死ねば私も死ぬ」という歌詞があった「愛の讃歌」を歌わないようにすすめたが、悲しみにくれながらもピアフは「愛の讃歌」を感動的に歌い上げたそうです。

偶然にも、先日ご案内しましたここLeSalonにて行われます9月10日(月)19:00開演の貝山幸子さんによるシャンソンコンサートでは、そのエディットピアフの曲も歌ってくださいます…。シャンソンコンサートのお問い合わせは090-2366-7885まで。

そんな想いも背景に、じっくり聴いていただけたら…。

人生とはそれぞれ、いろんな背景が折り重なりながら、少しずつ強くなって生きていくものですね…。