フラワーアレンジメント

大阪のフラワーアレンジメント教室

「Le Salon(ル・サロン)」

BLOG ブログ

ブログ

いつでも戻っていただける場所でありますように

桜じょうよ生徒さんがまたひとり卒業する…。今日最後のレッスンとなる島根県出身の彼女が、松江の老舗「風流堂」の季節限定和菓子「桜じょうよ」をお土産にくださって、そっと1通のお手紙を。「細い道ですが長く続く(お花の)道です。また催事の時にはお邪魔させてもらいますね。」…。彼女はお稽古で持ち帰った花材を小さくなるまで最後まで大切に飾ってくださる方。

お別れの一方、ご入会のお問い合わせも多い季節…。初めての皆様方とまずはメールにてお話しのやりとりから…。

今の仕事を目指した20歳の時の私は「フラワーコーディネーターになって活躍すること」だけを目標に、「自分自身の夢」のことしか考えていなかったけれど、年月を重ね、住む土地や環境が変化しながら多くの方々とご縁がある機会があり、いつ頃からだろう……単なるフラワーアレンジメントスクールではなく、その枠を超えてこの「LeSalon」が心豊かな大人のための居心地の良い社交の場」であってほしいと思うようになってきたのは……。

サロン 花準備サロンでは、スクール以外、時には「音楽会」の場所になり、時には「ギャラリー」となり、時には「Cafe de Paris」のようなParisをテーマにした食やアートやカルチャーの「イベント」会場となり、それらを通じて、「ご縁」がつながる。

人が集まる場所は、当然「人」が流れる。お別れがあり出会いがある。

でもご縁があると何年間の空白があっても繋がるもので、この「LeSalon」では、数年後の再入会も珍しいことではない。

「サロン」も「私」も、そして「あなた自身」も「流れ」に応じて変化しながら…。

いつでも「LeSalon」で、お待ちしています…。

 

 

 

 

 

page top