フラワーアレンジメント

大阪のフラワーアレンジメント教室

「Le Salon(ル・サロン)」

BLOG ブログ

ブログ

チョコというツールでつながるキモチ

2月14日は盛り上がりますね(笑)。

メディアもメーカーもデパート始め各ショップも一丸となって、年々、商戦が激化されていませんか。

と、冷ややかなように言いつつ喜んで引っ掛かっている私です(笑)。きっと、このブログを読んでくださっているあなたも何かを買いましたね…(笑)。

バレンタインデーは「好きな人に贈る」だけの秘めた意味とは変わってきました。

「友チョコ」っていう言葉まであるくらいだもの。

感謝・励まし・慰め・ご挨拶……いろんな想いを伝える良い機会ともなってきました。

私はいつもお世話になっているご近所の天神橋筋商店街3丁目のフランス菓子専門店「ムーラタルト」さんにて予約購入。毎年買っているのですが、とっても美味しいの。トリュフとオレンジピールのチョコ。あとは渡すタイミングを待ち伏せするだけです(笑)。

バレンタインギフトさて、私がいただいた「友チョコ」をご紹介。白いお皿にのせたお菓子の写真の茶色いクッキーが「ピエール・エルメのサブレモカドール」。濃厚なチョコレートと乾燥パッションフルーツやオレンジが生地に練りこまれたサブレ。酸味もかなり強くて、でもチョコ風味が、クッキーであるはずなのにチョコをいただいているような強さで、食感は歯ごたえあり。1枚いただくだけでも充分な美味しさです。

もひとつ、フランスつづき!お写真クッキーの下、抹茶のかかった生チョコです。「パティスリー・サダハル・アオキ・パリのパヴェ・ドゥ・キョウト」。一粒でとろけます!ノルマンディ産の生クリームだそう。抹茶は愛知県の西尾市の「南山園」さんだったと思うのですが…。でも、外国の方にわかりやすくキョウトというネーミングなのかしらね?青木定治さんは、パリで随分ご苦労されて、お抹茶のエクレアをはじめ、日本の抹茶を使ったお菓子を着実にフランス人に広められましたよね。好きではじめたお仕事は、きっと苦労とはご本人は思わず続けることができる賜物です。って、なんの話をしてるんだか。

あなたのチョコ自慢もお聞かせください!!!こういう時、Facebookだったらね……。

バレンタインギフト2

page top