フラワーアレンジメント

大阪のフラワーアレンジメント教室

「Le Salon(ル・サロン)」

BLOG ブログ

ブログ

攻める?守る?

フラワーアレンジメントの醍醐味は「花に表情」をつけることが出来ることだと思う。201211自由花材作品

今日ご紹介の2点はフレッシュフラワーの作品。

LeSalonは、ブルーグレー色珪藻土壁のサロン空間と、アイボリーの空間に分かれていて、撮影する場所によっても、表情が変わる…。

ダークな空間に似合うフラワーアレンジは、シンプルで、でもなんだか小悪魔的な攻めのデザイン、色が映えると思う。

でも、対照的なアイボリーの空間は、ナチュラルでほっこりとか、優しいとか、柔らかいとか…守りのデザイン(?)つまり安定した感じのものがよく似合うと思うし…。

もともと選択する花材だって、こうやって比較してみると対照的でしょ?色・形状・素材感…。

201211AFAFフラワーアレンジ作品その日の気分にも当然、影響されるし。

お庭の花木、街路樹、花屋さん、スーパーのお花コーナー…。どんな花や葉が「攻め」か「守り」か?そんな視点から花材をじっと見るのも楽しいものですよ。

 

 

page top