フラワーアレンジメント

大阪のフラワーアレンジメント教室

「Le Salon(ル・サロン)」

BLOG ブログ

ブログ

バーナード・リーチ展

大正時代から昭和、「生活における用と美の調和」の信念のもと制作をし続けたイギリス人の陶芸家バーナード・リーチさんをご存知ですか?もとはエッチング作家です。

香港生まれで英国にて勉学は学びましたが、日本での暮らしも長く、日本を愛した芸術家です。

私は東京・駒場にある柳宗悦が創設した「日本民藝館」が大好きな美術館のなかのひとつで、幾度となく足を運びますが、そこには「暮らしの中の美」を探求した芸術仲間たちの作品、柳宗悦がその「民藝運動」を先導し、また収集したその作品が一堂にあります。リーチの作品ももちろんあります。

今回は大阪難波の高島屋デパートにて、「バーナードリーチ展」が22日まで開催されていますので行ってきました。バーナードリーチ

日本の伝統ある陶芸の技法とイギリスの伝統ある陶芸の技法の融合。とにかく洒落ています。大正の世にこんなセンスの良い発想をなさるなんて。

またその発想を惜しみなく日本の陶芸職人たちにも指導したリーチさん。島根県の出西焼き(しゅっさいやき)はその影響を受けた焼き物のひとつ。宍道湖の景色を、遠いイギリスの景色と重ね合わせたとか…。

私、いつか出西窯も出雲大社もある島根の旅ってしてみたいんですよね…。

page top