花束のようなフラワーアレンジメントを

初夏のように気温が上がって、花材管理により気を使う状況です。

そんな気候のなか、色合いはベビーイエロー系の爽風なイメージを大切にした花材を皆さんにお配りしました。

花材配布

今回のレッスン内容は、一瞬花束に見えるフラワーアレンジメントを!

よって寝かせた状況で、アウトラインからいけていきます。

フォーカルポイント(フラワーアレンジメントの焦点と言われる場所のこと)を定め、厚みもバランスよく考えていきます。

生徒さんにとっては慣れない向きのアレンジメントなので、大枠となるアウトラインをいけても、ピンと来ないようで当初は戸惑っていました。

徐々に形成され、形が定まってくると安堵された様子。

その頃にはもう仕上げ準備に入り、花束に見せるために、茎を使って最大の小細工を!

お写真は全て生徒さん達の作品風景です。

茎を使ってフラワーアレンジメント

小さい形のバージョンであれば、この面白さに喜んでいただけるお相手を想定して、お持たせの訪問ギフトにも最適ですよ。

花束風フラワーアレンジメント

花束風フラワーアレンジメント完成品サイドから見た花束風フラワーアレンジメントパリスタイルの葉を使ってフラワーアレンジメント

 

 

 

 

 

誰かを想ってフラワーアレンジメントをいける

市場で花材が安値で手に入ったので、今月は本数も多めボリュームたっぷり。

ドラセナという葉を用いて、葉の細工を楽しみ、フラワーアレンジメント全体の中で動き、流れ、をつけていきます。

フランススタイルのフラワーアレンジメントは、葉や茎をも表現の一部に用います。

ただ、その葉の色の選択も洗練されたアレンジメントに見せるポイント!

母の日も近づいてきたこの時期。お店用の花器もこんなにステキなプラスティック花器が販売されているようです。

レッスンでも珍しく使用してみました。

今回も皆さんが喜ぶ色合いの薔薇たちが揃い、大歓声が。。。

フラワーアレンジメント花材準備フラワーアレンジメントのレッスン葉使いフラワーアレンジメントのレッスン風景フラワーアレンジメント完成1フラワーアレンジメント完成品2フラワーアレンジメント完成品3

 

 

 

 

 

おめでとう!のフラワーアレンジメントメント

テーマは「congratulations〜おめでとう〜」

この季節は、花市場にも柔らかいパステル調の花々も多く並びます。

いろんな背景のもと、花束やアレンジメントなど「花贈り」が一番盛んな時期かもしれません。

イースターもあることですし、おめでとうをテーマにアレンジメントレッスン。

三寒四温の桜の季節。合わせて、啓扇桜の大きな枝が手に入りましたので、本来、桜祭りでは刈り取ることは禁じられていますが、レッスンでは、ご自身の好きな咲き具合や枝ぶりを考えていただいて、「桜狩り」も楽しんでいただきました。

初めの2輪の黄色いカーネーションの位置を低い位置にいけること、ピンクのお花類のベストポジションを考えることを、はじめの条件として、創作です。

春のフラワーアレンジメントメントレッスン1春のフラワーアレンジメントのレッスン2春のフラワーアレンジメントのレッスン3春のフラワーアレンジメントのレッスン4春のフラワーアレンジメントのレッスン5春のフラワーアレンジメントのレッスン6

シークレットBOXフラワーアレンジメント

大寒は過ぎ立春はすぐそこですが、寒さが厳しい毎日。。。

今月のレッスンの花仕入れは、なんとなく寒々しい色合いではなく、鮮やかな色にしたいなぁと思っていました。

花市場で何軒もの仕入れ先を行ったり来たりしながら、物色。いつも生徒の皆様が喜ぶ顔を浮かばせながら!

今回は赤でもなくピンクでもなく朱赤でしょうか。小ぶりのチューリップと、珍しいラナンキュラスが目に留まり、そちらを中心に決めていきました。

小悪魔的な魅惑の色合いに、「シークレットBOX」とテーマ付けし、偶然にチョコという名称のスイトピーも入荷。

来月のレッスンの折でしたら、ちょうどバレンタインでピッタリなテーマでしたが、フレッシュフラワーですから、来月にあるとは限りません。

こんな可愛いフラワーアレンジメントが楽しめましたよ。

フラワーアレンジメント完成品フラワーアレンジメントレッスン中フラワーアレンジメントレッスンクラス

 

 

 

ハーバリウムでクリスマスレッスン

ハーバリウム フラワーアレンジメント1ハーバリウム フラワーアレンジメント2ハーバリウム フラワーアレンジメント3

クリスマスレッスンが始まっています。

まずはハーバリウムクリスマスレッスンのご紹介から!

小さな作品ではありますが、根強い人気を得ています。

季節ごとに花材を工夫させていただいていますが、今回はマットな色合いをイメージ。でもちゃんとクリスマスカラー。。。

上品でシンプルにモダンに。。。小さくてもセンス良い大人のクリスマスです!

長いピンセットを使用し、置きたい場所に花材の位置が決まらず時折イラッとしながら(笑)、楽しんで制作です。

ハーバリウム フラワーアレンジメント4

 

秋色のフラワーアレンジメント

ハロウィンフラワーアレンジメント小物を添えて

オレンジ〜赤系色の花材や実物、枝物が出てくると秋を感じますね。

そして街はハロウィンのディスプレイが楽しい頃です!

今回はアロニアという真っ赤な実物を花材の1つに取り入れましたが、聞くところによると、ポーランドではアロニアティというものが飲まれているそうなのです。。。

フラワーアレンジメント花材1

フラワーアレンジメント花材2

赤いバラの名は「エロス」。

花芯からの巻きが妖艶で美しく、咲き方も内から秘めた静かで品のある咲き方です。

生徒さん達には、まずアロニアの枝物をいけていたただきアウトラインを、そして乙女林檎とオレンジの鶏頭の花をメインに配置してから、オレンジ系と赤系の色の分散を考えて、アレンジするレッスンを行いました。

皆さんの例を。。。

ハロウィンフラワーアレンジメント1ハロウィンフラワーアレンジメント2ハロウィンフラワーアレンジメント3ハロウィンフラワーアレンジメント4

 

 

置いても掛けてものミニスワッグ

昨今スワッグはとてもブームで、すっかりスワッグ(壁飾り)作品は定着し、専門店もあるほど!

植物をそばに飾るというのは、やはり癒されるものです。

いつまでも暑かった初秋もようやく見合う気候に変わってきました。

夏を想うミニスワッグをテーマに、とても小さな花材を探し、愛らしいスワッグを皆さんに制作していただきました。

ミニサイズだし、折れやすいしで、小さな花束にまとめるのは、実は非常に難しい。。。

何より「かわいく」仕上げてもらいたくて。。。

  1. フラワーブーケスワッグレッスンフラワーレッスンブーケ束ねる作り方夏の想い出ブーケ完成品

爽やかな果実を合わせてフラワーアレンジメント

レモンとフラワーアレンジメント

大きくて黄色の濃いレモン。青い姫林檎。

今回はフラワーアレンジメントに花材のひとつとして使用しました。

レモンは2つにザックリ切って、片方は断面を、もう片方はお尻を見せて盛り込んだり。

もちろん爽やかに香っています。

グリーン系の色合いにベースはまとめましたので、フラワーの差し色として、鮮やかなショッキングピンクを。

そうする事で、レモンの小物使いの粋と、アレンジメント全体のキュートさが増します。

こんなアレンジメントをテーブルの上に飾れば、ホームパーティにて、楽しい話題の一つになる事、請け合いですよ!

フラワーアレンジメントレッスン作品を並べてフラワーアレンジメント生徒作品

 

 

澄んだ色を効果的に魅せるフラワーアレンジメント

この季節はやはり紫陽花。

吸水性スポンジに刺すレッスン花材としては、どうしても水が下がりやすいので悩ましいところなのですが。。。

そして他の花材は、じめじめとした梅雨の時期ですから、是非、澄んだイメージのあるものを仕入れたいと思っていました。

姫リョウブやコンパクタグリーンの枝物など、爽やかなものがみつかり。。。

紫陽花は花弁に特徴のあるウズアジサイを使用。

今回はせっかく澄んだ色の花々、軽い木々を使うので、アレンジメント全体に透明感と風通しを感じるような、ふんわりとした生け方が向いています。

澄んだ色のフラワーアレンジ1澄んだ色のフラワーアレンジメント2澄んだ色のフラワーアレンジメント3済んだ色のフラワーアレンジメント4

 

 

仕立てるgift。フラワーアレンジメントと鉢物の融合。

このアイデアレッスンは、もう20年以上前から楽しんでお教室では披露しています(笑)

私が春になると作りたくなる好きなパターンなのです。

仕立てるgift。。。

その名のようにgiftに仕立てていくのです。

春は店頭に鉢物が色とりどりに数多く並び、つい寄せ植えを楽しみたくなったり、、、

でも花壇やプランターを置く場所がない方は、、、室内でアレンジメントしましょうよ。小さなお庭に見立てて!

ビオラの鉢物

今回はオレンジ色の花びらをしたビオラを発見!

そして切り花としては水が下がりやすい白妙菊。鉢物ならば安心です。

「これだ!」と、思わず生徒さんの人数分、買い占めです(笑)

鉢物とフラワーアレンジメント

アレンジメントは完成時に、「この作品ってどうやっていけてあるの?」と思っていただけるとシメたもの!大成功です!

ラナンキュラスを使ったフラワーアレンジメント

今回の作品は、ラッピングまで出来れば、ますますギフト感が満載。贈るお相手に喜んでいただけますよ。

フラワーアレンジメント生徒さん2フラワーアレンジメント生徒さん3フラワーアレンジメント3