2021年スタート

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

まだまだ余談許さない世相ではありますが、心穏やかな日々の年となりますように。。。

「今までの固定概念や価値観」では立ち行かなくなった「感覚のリセット元年」。

だからこそ2021年は、今までの常識では考えられなかったことも、「今の自分にとっては大切なもの」へと軽やかに進めるのかもしれませんね。

昨年からのコロナ禍。

ですのに皆様がフラワーレッスンへの癒しを求めてか、体験からの即ご入会の方が増えており、有難い状況なのですが、、、

1月レッスンは残念ながら全休とさせていただきます。

LeSalonもまだまだ変化、進化を遂げてまいりたいと思います。

共に今年もなんとか笑顔で乗り切りましょう!!

フラワーアレンジメントお正月用飾り作り方

クリスマスのクレッシェンドリース

クリスマスリースレッスンディスプレイクリスマスフレッシュリーフリースレッスン作り方コロナ禍である今年のクリスマスレッスンは12月2日まででのスケジュールを組んでおりました。

よって、例年よりはご受講生様はやはり少ないものの、皆様とても楽しみにしていらっしゃるため、ほぼ多くの方々に今年もリースを楽しんでいただくことが出来てホッと致しました。

各ご家庭にリースが飾られていることでしょう。

今年はそんな色んな想いもありまして、折角足を運んでいただけるのですから、より作り甲斐のあるものを!と、三日月型のリースをテーマに。

リースの台座は、初心者の方でも綺麗に作りやすいものを吟味しました。

コロナ禍の影響により、今年から市場のセリスケジュールが変わったことと、花材の流通が少ないのとのダブルパンチで、仕入れは真っ暗な早朝から。

お陰様で良質な花材と量を確保することができました。。。

三日月型のリースは、テクニックが必要です。

絡まりやすい細いワイヤーを駆使しながらスタート地点を集中して細工していただきました。

帰り際には「今年、クリスマスレッスンを受講できて良かったです」のお声が多数。

このご時世に漏れ出た声だと思います。。。

生徒の皆さん、いつもLeSalonを支えてくださって本当にありがとうございます。

リースと共に、穏やかなクリスマスを。。。

大阪フラワーアレンジメント教室リースレッスン

クリスマスリースフレッシュフラワー作品クリスマスフレッシュフラワーリース生徒作品作り方クリスマスリースデコレーションクリスマスリースレッスン生徒作品ディスプレイ

 

秋色グラデーションのフラワーアレンジメント

葉使いフラワーアレンジメント作品1秋色フラワーアレンジ作品2秋色グラデーションフラワーアレンジメント作品2

秋色グラデーションフラワーアレンジメント作品

落葉が進んで、物寂しくも黄色や赤の美しい色や形の葉を踏んできしみの音を感じるのも、この季節の醍醐味です。

イエロークイーンという名のケイトウや、ティッドブラウンというワイルドフラワー、そしてマスタードと名付けられたカーネーションなど秋色のグラデーションが想定できる花材達。

木苺の葉使いをプラスしてパリスタイルに一気に品格を上げます。

四方からどこを見ても表情があるのも楽しみですね。

生徒さんの作品の360度展開をご紹介します。

 

 

キャスケードブーケ風アレンジメント

ハッピーハロウィン!

今年は大きなイベントはオンラインなどとなりましたが、街には仮装した可愛い子供さんをチラホラ目にして微笑ましくなりました。

花市場においても、毎年ほどの「おもちゃかぼちゃ」の流通は無いそうで、少し寂しい感じでした。

せめてものハロウィンの季節をイメージさせる色合い、秋色を感じることが出来る様な暖色、、、を考えながら花選びをしました。

かぼちゃ型のナスであるソラナムパンプキンを始め、ワイルドフラワーのティントブラウンや、オータムライラック、洋蘭のレナンセラレッド、紅葉雪柳などなど、、、

アレンジメントの型は、ブーケの型の種類のうちの、流れるようなキャスケードブーケをアレンジメントで再現していただきました。

型の特徴はもちろん、線の細い花材も多く、それをどうやっていけたらその花材のボリュームが出るのかというコツ、同系色でまとめながらもスパイス的にプラスする花材はどれに当たるかなど、、、お教えしたことが沢山!

オレンジ色の使い方フラワーアレンジメント

キャスケードブーケ風フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントレッスン風景 生徒フラワーアレンジメントブーケ作品

ドライフラワーになる様子をも楽しむリース

フラワーアレンジメント小さなお花

フラワーアレンジメント見本ここのところやっと秋らしい涼しさになってきましたが、つい1週間ほど前までは、まだまだ猛暑や雨が続き、花市場の花材も品薄だったり元気がなかったり。。。

今回はそんな中で、こだわりの目で厳選した種類多めの花材です。珍しいものばかりですよ!

ドライになりゆくときの色感・質感も楽しんでいただきたいなぁと思い、南半球が原産国のワイルドフラワーも数種類取り入れました。

種類が多く、色味も似ている、個性的な形状、、アレンジする側からは、それらを一体感を持たせてアレンジするのは難しいこと。

そして花材を切り分けること、。。小さすぎてもダメ、背が高過ぎてもダメ。テクニックを学びます。

体験の方も3人いらっしゃり、今月はなかなかの難易度高めでしたが、ご満足いただき入会を決めてくださいました。

ドライフラワーにもなるフラワーアレンジメント作品

フラワーアレンジメント作品見本真上から

 

 

 

 

 

葉をも楽しむフランススタイルのフラワーアレンジメント

年々、猛暑が厳しくなるなか、フラワーアレンジメントの花材はどんなものが良いですか?といったご相談をよくお受けします。

このご時世であっても、真夏であっても、生のお花を飾りたいと思うお気持ち。心の豊かさを感じますね。

真夏に限ったことではありませんが、フランススタイルのフラワーアレンジメントですと、葉や茎までも使うことで、遊び心満載、そして見た目もとても品があり爽やかなのでオススメです。

よって、今回のテーマは「葉をも楽しむフランススタイル」
独特の葉使いや果物使いは大人気です。

コロナ禍だからでしょうか。癒しを花に求める方が増えているようです。比例して当LeSalonへのご入会も増えています。

癒しを求めて、折角、足を運んでいただけるので、皆様には是非満足してお帰りいただきたいと常々思っているところですが、、、

その日のレッスンが成功かどうかは、私の自己満足ではなく「生徒さんの満足度がどうだったのか」の他ありません。

それは穏やかに寛げる雰囲気であったり、教え方であったり、オリジナルのデザインやテクニックのセンスであったり、手に入れにくい質の良い新鮮な花材のご提供であったり。。。

フランススタイルフラワーアレンジメント生徒フラワーアレンジメント作品

花市場への直接仕入れならではこそのフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント教室花材ガーベラ珍しいフラワーアレンジメント花材

素人の方でもネットで花を仕入れる時代となりました。

ファストファッションのように、店頭での花の売り方も安価で合理的なお店もあります。

なので、LeSalonではレッスン花材の仕入れは、ずっと変わらず、私が自ら花市場に出向き、目利きします。

少しお値段が張っても、花びらやお色が珍しいもの、上質で仕入れ値が安い本当にお得なものなども仕入れ、レッスンの為だけに水揚げをします。

同じ週でも、仕入れ日に見つけた素敵な花材を使い、テーマも急に変更したりして、柔軟にレッスンの引き出しから最高のものをご提供しています。

そのこだわり感を好きになっていただいて、長年通ってくださる生徒様が多いのもLeSalonの特徴なのです。。。

 

 

 

 

 

3ヶ月ぶりのフラワーアレンジメントを!

緊急事態宣言が解除され、当校も久しぶりに生徒の皆様へレッスン日のご連絡をさせていただきました。

「まだ外出に不安があります」というお気持ちの方も当然いらっしゃったり、高齢や、医療従事者関連のお仕事のご家族やご自身など、ご事情は様々。

今月は7割程のご出席率といったところでしょうか。マスク着用姿でフラワーアレンジメントを楽しみます。

「やっぱりココはいいですね〜」と目元だけからも笑顔が感じ取れ、マスクにこもったそのお声がとても嬉しか感じました。有難うございます。

ここ数ヶ月の花農家さんや花市場も当然、とても厳しい状況だったようです。

まだ少し、花の価格に値崩れがあり、今月はいつもより多くのお花を折角来てくださった生徒の皆様にレッスンで還元することが出来ました。

今後は生活そのものが状況に変化があるわけで、スクールの在り方も変わっていくことでしょう。

出来る状況の中で生徒の皆様に、ご満足いただけるような穏やかで柔らかなサロンでありたいと思いました。

グリーンフラワーアレンジメント花材フラワーアレンジメントレッスンフラワーアレンジメント完成品展示レッスン生徒

 

 

お部屋の中の小さな庭づくり

フラワーアレンジメントギフト1フラワーアレンジメントギフト2フラワーアレンジメントギフト3

大阪の緊急事態宣言が本日5月21日に解除されましたが、残念ながら今月直ぐにのサロンでのレッスン再開は難しいのが現状です。

まだまだ気は抜けませんが、生徒さん達とお互いに配慮しながら、6月からは是非また、皆様と穏やかにフラワーアレンジメントレッスンを楽しみたいと思います。

毎月、それも長年通ってくださっていた生徒さんにとっては特に、この数ヶ月、当たり前だった花のある暮らしが無くなり、がっかりされているお声も聞こえていました。

先月のブログに投稿した手軽なフラワーアレンジメントの方法については反響が大きく、皆様がフラワーアレンジメントの時間を大切に感じたstay Home期間であったことを感じました。

今回はその第2弾をご紹介致します。

と、言っても、簡単すぎる内容です!ですので周りの皆様にも是非教えてあげてくださいね。

お部屋の中に小さなお庭を作るイメージ。

用意するものは4つ。

★小さい苗鉢1〜3鉢(お家の中に置くので水やりは過湿タイプより乾燥気味を好む品種。背丈が高くないもの。)。★お家にあるお気に入りのカゴや空き缶。★サランラップ(水が漏れないように第一段階に敷くため)。★ショッピングの折にいただいたきれいな色や柄のナイロンの袋(苗鉢とサランラップご丸見えにならないように、ショッピング袋をハサミで切り1枚の包装紙のようにし、外側から隠す目的です。もちろん水漏れの二重防止の役割も果たします。)のみ!

フラワーアレンジメント鉢物レッスン花材フラワーアレンジメント作り方ラッピング材料フラワーアレンジメントレッスンラッピングギフト

苗鉢花材の扱い方フラワーアレンジレッスンフラワーアレンジ準備花材の扱い方 フラワーアレンジメントいけ方ポイントフラワーアレンジメント完成品

世界で1番お花を贈る日

フラワーブーケアレンジメントラッピング日本では「愛する人にチョコレートを贈る日」そして女性から男性へ、、と定着しているバレンタインデーも、世界の数カ国では「愛する人にお花を贈る日」だそうです。それも男性から女性へ、、、

日本のフラワー業界ではやはり「フラワーバレンタイン」をもっと定着させたいところ!

つまり「世界で1番お花を贈る日」。

男性が花束を抱える姿を拝見する機会がまだまだ少ない日本としては、これって素敵な光景ですよね。

今月のレッスンでは、ブーケ(花束)の組み方から、お花屋さんさながらのラッピングまでの一連を学んでいただきました!

ブーケはだいぶ慣れてきた生徒さんも、今回はラッピングに戸惑われた様子でしたが、せっかくLeSalonに通っていただいているので、私の持っている知識は、どんどんお教えしたいといつも思っています。

そしてLeSalonは、自然光がたっぷり差し込む広々としたお部屋でのレッスンなので、こういった場所も必要な作業も、ゆったりとした気持ちで体験いただけるのも最大の魅力です!

フラワー花材フラワーギフトラッピングフラワーアレンジメントブーケギフトラッピングリボン