初心者も一緒に皆で素敵な花束レッスンです

スパイラルブーケレッスン1

お花屋さんに出掛けるとカウンターにて見事な手さばきでブーケ(花束)を組んでくれるフラワーコーディネーターさんに出会うことがありませんか?

花束の手法の1つに、スパイラルブーケというらせん状に花を組むテクニックがあります。

スパイラルブーケレッスン2

今回の花市場では、薔薇が一部安価に入荷できたので、いつもより花材も多めでそのブーケのテクニックをレッスンしました。

まずはお花の下処理。。。「しっかり下葉をとりましょうね」とお話しても、皆さん恐々でちっとも処理が出来ません(笑)

花束レッスン準備

それからルールに則っての花組み。。。左手で茎を持つ支点がずれたり、花が沈んでしまったり。。。

でも、組んでは解き、、、を3回ほどこなすと、、、

スパイラルブーケレッスン3スパイラルブーケレッスン4

花屋さん顔負けのカッコいいブーケが!

「お家に持ち帰っても、もう1度解いて組みなおしてね~」と念押ししましたが、さあ何名が実践したかは定かではありません(笑)

フラワーアレンジメント教室

ひまわりの花なのです

ひまわりのフラワーアレンジメントあなたが想像するひまわりは、花芯が茶色のイメージなのではありませんか?

今はいろんな種類が開発され、ひまわりもいろんな表情を見せてくれます。

「レモネード」今日使用しているひまわりの種類です。

他の花材はなんとなく柔らかさをイメージできるものに統一しました。。。

デコレーションフラワーアレンジメント・葉を編む~花でのおもてなしクラス~

編むフラワーアレンジメント1

ミスカンサスという名前の葉物です。編んでいるのは。

それも斑入りだからこそ、編んだ折にも面白い表情が出るのです。

懐かしい髪の三つ編みとは違って、強く引っ張りすぎると葉がちぎれてしまいますし、弱すぎるとどうも形にならない、、、皆さん案外と悪戦苦闘です(笑)

フラワーアレンジメントにはお決まりのリボンボウを添えてみると作品の華やかさ倍増。ギフトにもぴったりですが、こういった異素材のものではなく、やはり葉物を使ってのアクセントは、今回のレッスンのように特別技巧的とは言えどもしっくり度が違います。。。

編むフラワーアレンジメントレッスン風景

当サロンは20年来の生徒さん~全くの初心者さんまで、皆さんが新鮮な驚きをいつ持っていただけるように楽しく、そしてテクニックも必要とするレッスンをご提供しています!

 是非、あなたもフラワーアレンジメントのご体験を★

体験レッスンお問い合わせは spacekumikumi@gmail.com

編むグリーンフラワーアレンジメント1グリーンフラワーアレンジメント2

踊る花達~花でのおもてなしクラス~

葉をフランススタイルにくるくるとデザインし。。。

表情をばっちり決めたい艶っぽいお花はフォーカルポイント(焦点)に。。。

軽さのある細身の花々は背を高く。。。

今回も喜んでいただける素敵な花材を市場で入荷、レッスンを楽しんでいただくことが出来ました。

それぞれの花の特性をいかに表現するか、今回はテーマを「踊る花達」として、軽さと重みのバランスがポイント。

フラワーアレンジメント踊る花達あなたもこんなレッスンを楽しんでみませんか?体験レッスンのお申し込みはお早めに。。。次回は

5月20日(土)10時または19時  残席僅かとなっております!

お申込は現在、当ホームページのお申込バナーが使用出来かねますので、こちらまで↓↓

spacekumikumi@gmail.com

ふんだんのミモザを使ったリース❤~花でのおもてなしクラス~

今春はなかなか良い状態のミモザが見つけられず、ミモザリースをレッスンできないまま季節が終わってしまうのかと思っていましたが。。。

花市場のあちこちで大きな枝のたわわなミモザを発見。

急遽、今年もミモザをふんだんに使った贅沢なフラワーリースが出来ました。。。

カーネーションは「オレンジエルメス」と言うだけあり、ニュアンスある素敵な色で大輪・長持ちする品質のお花。

スイトピーはその名も「みかん」。本日のスイトピーは人工的に色は染められているのですよ。なので切り口からは染色が零れ落ちるので、お洋服を汚さないように注意なのでした。。。

ミモザフラワーリース1ミモザフラワーリース2

お家に気軽にグリーンアレンジメント~日々の花飾りクラス~

今回の花市場は卒業シーズンもあり、華やかな色とりどりのお花で埋め尽くされていました。

が(笑)、「日々での花飾りクラス」担当阪下智美講師は、あえてのグリーンアレンジメントで勝負にでたようですよ。

このクラスのレッスンでは、フラワーテクニックというよりは作品が飾りやすいサイズとお手頃な料金だということに人気が高いクラスです。こんなにカワイイ作品が、あなたにもお楽しみいただけます。

今回はモルセラという縦長の独特な形状の葉物、緑のラナンキュラスのお花など。。。

グリーンフラワーアレンジメント1

グリーンフラワーアレンジメント2

フラワーアレンジデザインを創作してみる~日々の花飾りクラス~

この「日々の花飾りクラス」は、「花でのおもてなしクラス」に比べるとお手ごろな料金の為もあり、少し作品が小ぶりです。

が、これこそ、日常に自身で花を買いアレンジメントをしようと思うときにレッスン内容を思い出していただけたなら、ヒントが一杯です!

花材をいかに有効に使うか。。。つまりはどう切り分けるべきか。。。

仕入れ数の影響でお見本が作れず、ポイントをご説明し、生徒さんは自身で創作します。デザインを自分で考えてみるひとときです。

このお写真は、生徒さん自身が創作した1例です。素敵でしょ!

日々の花飾りアレンジメント1日々の花飾りアレンジメント2

薔薇を組む~花でのおもてなしクラス~

薔薇ブーケ1

厚手のコートを身に纏い、生徒さんが口々に「寒いですねえ」とサロンに走りこんで来られます。。。

でも。。。お見本の咲き誇った薔薇の花束を見るなり「わあ!」と感嘆の声をあげ、先ほどまでのお外の寒さを忘れたようです(笑)

今回の花束の組み方はブーケボッド。茎を薪のように束ねます。

茎に気がとられて、繊細な薔薇の花びらに傷をつけてもいけませんし、花並びだって重要です。

必死に組む生徒さんの手に熱がこもり、茎が温かくなってしまうので、スピード感も求められるレッスン。完成したブーケに皆さんまんざらでもない様子。。。なのですが、ほどいてもう1度、組んでいただき花束の完成度アップです!

ご自宅では、数度このブーケの練習もできた後に、この花材を今度はフラワーアレンジメントも楽しんでと。。。皆さん、やったかしら?

薔薇ブーケレッスン1薔薇ブーケレッスン2薔薇ブーケ2

お問い合わせが多いのが。。。「クラスの違い」

2つのフラワーアレンジメントフラワーレッスン風景「花でのおもてなしクラス」「日々の花飾りクラス」があるのですが。。。

違いは?と必ずのご質問です。

作品を比較してみていただけますように、頂戴するレッスン費用に2000円の差が生じますので、このように作品に使用する花材の量に違いがあります。

が、質には、弊社はこだわりを強く持っておりますので、変わりませんからご心配はいりません。

あとは、日程の違いであったり、デザイン・指導の講師が違い、私は「花でのおもてなし」、もう一人の阪下智美講師が「日々の花飾り」をそれぞれクラス担当させていただいております。

毎月のご都合でのお申込制なため、ご入会いただいた生徒様たちは、実はクラスを決めている訳ではなく、次の月のご都合でどちらかのクラスをお決めになって予約して帰ります。

このホームページをご覧になって、クラスを迷われている方、どうぞお気軽にまずはご入会くださいね!

同じ深紅のフラワーアレンジメントでも。。。~日々の花飾りクラス~

日々の花からリフラワーアレンジメントこちらのクラスでは少し小ぶりの作品ですが、薔薇をよくご覧ください。幾重にも巻いた厳かな薔薇を使用しています。

初心者かつお1人暮らしの生徒さんが多いこのクラスでは、今回は数種類のグリーンを切り分けるのが手間取ったようでしたが、飾るのにちょうど良いと大好評!

花器も黒のブリキ。なかなかの渋さが、赤い花々を引き立てていましたよ。。。