世界で1番お花を贈る日

フラワーブーケアレンジメントラッピング日本では「愛する人にチョコレートを贈る日」そして女性から男性へ、、と定着しているバレンタインデーも、世界の数カ国では「愛する人にお花を贈る日」だそうです。それも男性から女性へ、、、

日本のフラワー業界ではやはり「フラワーバレンタイン」をもっと定着させたいところ!

つまり「世界で1番お花を贈る日」。

男性が花束を抱える姿を拝見する機会がまだまだ少ない日本としては、これって素敵な光景ですよね。

今月のレッスンでは、ブーケ(花束)の組み方から、お花屋さんさながらのラッピングまでの一連を学んでいただきました!

ブーケはだいぶ慣れてきた生徒さんも、今回はラッピングに戸惑われた様子でしたが、せっかくLeSalonに通っていただいているので、私の持っている知識は、どんどんお教えしたいといつも思っています。

そしてLeSalonは、自然光がたっぷり差し込む広々としたお部屋でのレッスンなので、こういった場所も必要な作業も、ゆったりとした気持ちで体験いただけるのも最大の魅力です!

フラワー花材フラワーギフトラッピングフラワーアレンジメントブーケギフトラッピングリボン

 

 

ウォームカラーのフラワーアレンジメント

薔薇やカーネーション花材のフラワーアレンジメント1気温が15度になる日もあるような暖冬ですが、暦では大寒が過ぎたばかりで、まだこれからが寒さ本番のはずの2月に入ります。

今月のレッスンでは、ほっこりした温かさを感じていただけるような色合いの花材を仕入れて参りました。

丸い大輪の薔薇アプリコットファンデーションはじめ、ピーチアバランチェ。

スターチスのハニーアプリ。

カーネーションのピーチマンボなど、柔らかな色味が揃い、アレンジメントは心が安らぐ仕上がりです。

フラワーアレンジメントレッスンいけかた

最年長の81歳の生徒様も、色の可愛らしさをとても喜んでくださいました!

テクニックとしては、大輪が入りますので他の花の大きさとのバランス感。

あとポリシャスというフリルがかわいいグリーンを使いましたので、その形状を活かした生け方をお伝え。

お色の合わせ方といける技術、両面からしっかりレッスンをさせていただいております。

是非体験レッスンにどうぞ。土曜午前クラスはあいにく満席でお断りさせていただいておりますが、14時30分からや19時のクラス。そして平日クラスはご予約いただけますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

フラワーアレンジメントレッスン風景2フラワーアレンジメント作品

クリスマスフレッシュグリーンリース2019

クリスマスグリーンリースフレッシュフラワーアレンジメント作り方メリークリスマス!

今朝の天気予報では、クリスマスイブの晴天率は過去90%以上だと言っていましたよ。

11月末よりクリスマスリースレッスンを行いました。

毎年、原作フレッシュグリーンの常緑樹を使用します。

木々からの香りが立ち込めるサロン内で、生徒様が一斉に樅の木やブルーアイスの枝を切っている時など、あまりに香りが強くて、少し気分が悪くなる方も。。。

今年はドライになっていく姿を想像して、笹葉ユーカリを投入。

20年以上、リースレッスンをご提供していますが毎年少しずつデザインや手法を変えてお教えしています。

クリスマスフレッシュグリーンフラワーアレンジメントフレッシュグリーンフラワーアレンジメントリースレッスン1

フレッシュフラワーグリーンリースインテリア

ダークモダン色の紫系花達と

紫の花フラワーアレンジメント正面

今こそHELLOWEENウィークなのですが、花市場で今回、目に止まったカラーは、ダークモダンな紫系統でした。

特に珍しいのが、ナイトスリルと名のついたカーネーション。写真で見ると沈んでしまいますが、実物の色は、なかなか繊細です。カーネーションフラワーアレンジメント

枝物ではディアボロという水は下がりやすいのが難点ですが、やはり紫の色の要素も持ち合わせる葉が、作品を上品に見せてくれます。

テーマは「秋の小夜曲(セレナーデ)」。。。

フラワーアレンジメントのレッスン体験

今回は新規の体験者様が5名!悪戦苦闘しながらも楽しんでいらっしゃったようです。

ここLeSalonに集う。。。数多くのフラワースクールがありますのに、これもご縁ですね。

大阪フラワーアレンジメント教室LeSalon

 

 

 

 

 

湿の季節の濃淡グリーンカラーフラワーアレンジメント

そろそろ梅雨も明けそうですね!

ブログをご高覧いただいて、体験レッスンにお越しになり、そのままご入会くださる方のパターンが、毎月定着して参りました。有難いことです。

さて、今月は毎年人気の高い爽やかなグリーンカラーのフラワーアレンジメントです。

お外は曇りや雨続きですものね。

今月のテーマ、濃淡グリーンカラーとあるように、グリーンにも、色、質感、模様、よく観察すると様々な違いがありますので、うまく組み合わせると洗練されたフラワーアレンジメントなりブーケなりに仕上がります。

グリーンブーケレッスン

葉や枝物だけで構成するアレンジメントだって、とても素敵なものです。こちらなら、お家の庭木などからでも出来ますよね。

グリーンカラーフラワーアレンジメント教室風景

グリーンフラワーアレンジメント生徒作品フラワーアレンジメント作り方レッスン

 

涼やかな野のブーケレッスン

サロンから見えるマンションの植栽の木々が緑眩く、清々しい景色です。有難いわ!

今回は、野の花のブーケをテーマにしましたが、優しく可憐なイメージとは裏腹に、花材としては細くて軽やかなので、絡みやすくクネクネとしておりますので、少し難易度が高いものとなりました。

このホームページを見ての体験の方や初心者も多い中、皆さんこの通り!

ちゃんとポイントは押さえてのご指導をさせていただきますので、どうぞご安心くださいね!

父の日と重なりましたので、ご希望者の方にはラッピングもさせていただきましたよ。

フラワーアレンジメントブーケ出来上がり花材変更ブーケアレンジメントレッスンフラワーギフト花材変更ブーケレッスン

 

花束のようなフラワーアレンジメントを

初夏のように気温が上がって、花材管理により気を使う状況です。

そんな気候のなか、色合いはベビーイエロー系の爽風なイメージを大切にした花材を皆さんにお配りしました。

花材配布

今回のレッスン内容は、一瞬花束に見えるフラワーアレンジメントを!

よって寝かせた状況で、アウトラインからいけていきます。

フォーカルポイント(フラワーアレンジメントの焦点と言われる場所のこと)を定め、厚みもバランスよく考えていきます。

生徒さんにとっては慣れない向きのアレンジメントなので、大枠となるアウトラインをいけても、ピンと来ないようで当初は戸惑っていました。

徐々に形成され、形が定まってくると安堵された様子。

その頃にはもう仕上げ準備に入り、花束に見せるために、茎を使って最大の小細工を!

お写真は全て生徒さん達の作品風景です。

茎を使ってフラワーアレンジメント

小さい形のバージョンであれば、この面白さに喜んでいただけるお相手を想定して、お持たせの訪問ギフトにも最適ですよ。

花束風フラワーアレンジメント

花束風フラワーアレンジメント完成品サイドから見た花束風フラワーアレンジメントパリスタイルの葉を使ってフラワーアレンジメント

 

 

 

 

 

誰かを想ってフラワーアレンジメントをいける

市場で花材が安値で手に入ったので、今月は本数も多めボリュームたっぷり。

ドラセナという葉を用いて、葉の細工を楽しみ、フラワーアレンジメント全体の中で動き、流れ、をつけていきます。

フランススタイルのフラワーアレンジメントは、葉や茎をも表現の一部に用います。

ただ、その葉の色の選択も洗練されたアレンジメントに見せるポイント!

母の日も近づいてきたこの時期。お店用の花器もこんなにステキなプラスティック花器が販売されているようです。

レッスンでも珍しく使用してみました。

今回も皆さんが喜ぶ色合いの薔薇たちが揃い、大歓声が。。。

フラワーアレンジメント花材準備フラワーアレンジメントのレッスン葉使いフラワーアレンジメントのレッスン風景フラワーアレンジメント完成1フラワーアレンジメント完成品2フラワーアレンジメント完成品3

 

 

 

 

 

おめでとう!のフラワーアレンジメントメント

テーマは「congratulations〜おめでとう〜」

この季節は、花市場にも柔らかいパステル調の花々も多く並びます。

いろんな背景のもと、花束やアレンジメントなど「花贈り」が一番盛んな時期かもしれません。

イースターもあることですし、おめでとうをテーマにアレンジメントレッスン。

三寒四温の桜の季節。合わせて、啓扇桜の大きな枝が手に入りましたので、本来、桜祭りでは刈り取ることは禁じられていますが、レッスンでは、ご自身の好きな咲き具合や枝ぶりを考えていただいて、「桜狩り」も楽しんでいただきました。

初めの2輪の黄色いカーネーションの位置を低い位置にいけること、ピンクのお花類のベストポジションを考えることを、はじめの条件として、創作です。

春のフラワーアレンジメントメントレッスン1春のフラワーアレンジメントのレッスン2春のフラワーアレンジメントのレッスン3春のフラワーアレンジメントのレッスン4春のフラワーアレンジメントのレッスン5春のフラワーアレンジメントのレッスン6

スマイルミモザスワッグ

女子がキュンとする花材の1つにミモザがあると思います。

庭木で拝見することがありますが、その姿は本当に愛らしい!

しかしレッスンで使用する難点は、すぐに咲いてしまったり、あるいは咲かずに蕾が黒くなり萎んでしまったり、パラパラと葉が落ちる点。。。

花材として利用したいけれど、仕入れるか、また何を作品として作っていただくか、毎年悩ましい限りです。

今年は流行に乗り、スワッグ(壁飾り)を。

それも「スマイルミモザスワッグ」!元気になれる黄色のカラーと、幸せな気分が増すスマイリーちゃんのピックがぴったりなコーディネートです。

壁飾りとして利用されない方は、もちろん、花瓶に飾って花束としても良いのです!

ミモザスワッグ1ミモザスワッグ2ミモザスワッグ3ミモザスワッグ4