オランダからの来日

パーチメントクラフト様々なゴールデンウィークをお過ごしになったことと思います。

何名かの生徒さんたちから、リアル報告いただき嬉しく思いました!新緑のサイクリング中とか、東京弾丸ツアーとか…。

私のゴールデンウィーク。サロンには、私を訪ねての嬉しい急のご来客!

それはパーチメントクラフト(ヨーロッパではポピュラーなレース風ペーパークラフト)のお道具を扱うオランダの会社「ペルガマーノ社」の創始者夫妻であるオランダ人のティーメン氏とコロンビア人のマーサ女史。

前回は、もう10年ほど前になるでしょうか?生徒の皆さんと、イギリスティールームで夫妻を囲んでのティーパーティと講習会をしましたよね!ペルガマーノ1

今回は突然でしたので、生徒の皆様にお知らせ・企画する間もなく…。プライベートな再会となり、こんな貴重すぎる機会を残念に思った生徒の皆さんには申し訳ありません…。お二人のことをご存知ない生徒さんにも、ホントは会わせてあげたかった…。

ラブラブなご夫婦で、人柄もあたたかく、私はこのお二人が大好きでクラフトをやってきたんですよ。表情からにじみ出ているでしょう!お人柄が!愛にあふれた人達です。

サロン近くには日本一長い「天神橋筋商店街」があり、ご案内すると大喜びされ、ユーズドの帯を売っているお店で鮮やかな柄の帯を5本も購入されて、テーブルランナーにするとか…。

ディナーのご希望は「ジャパニーズピザ」つまり「お好み焼き」でしたので、出掛けたところ、鰹節がゆらゆら揺れるのを喜んで……。フラワーアレンジメントで来日されサロンにいらっしゃったフランス人のパスカル女史も、確か鰹節で大喜び(笑)。

再会ってホントいいものですね!!!あたたかい……。

(作品の写真は、私・芳村久美の作品です)

ペルガマーノ2

 

プチプチ針刺し

 

パーチメントクラフト見本

日曜日の午前中、家事やデートを後回しにして(笑)、皆さんが集まります…。

根強い人気のパーチメントクラフト(レース風ペーパークラフト)のクラスです。今回の作品はハンカチーフみたいでしょ?

イージーグリッド「イージーグリッド」というお道具を使用しています。要するにレースを施す手助けをしてくれる便利な魔法の網…。

端からプチプチと専用の針で穴を刺していきます。網目の数を数えるので集中力は必要です。レッスン中は、「あ~っ!!!」と、網目を刺し間違えて悔しがる生徒さん達の絶叫が、あちらこちらで聞こえますよ(笑)。でも大丈夫。テクニックがついてくると、コツがつかめることは当然ですし、また失敗した針の穴をうまく利用して模様を創り出したり、なんとでも楽しめるのです。パーチメントカット

この「イージーグリッド」というお道具は、こうやってペーパー上で、簡単にいろいろなレース模様をを表現することが可能なので、世界中のパーチメントクラフト愛好家に不動の人気のお道具のひとつです。

最後は右の写真のように、専用のはさみを特殊な持ち方をして、一穴ずつカット…。

こんな手順で出来上がりますが、早い方は2時間で、この作品を完成できました~!

 

夏便り

パーチ封筒47月前半「Cafe de Paris」期間の不安定な空模様とは一変。真夏の太陽が照りつけ、ぐんぐん気温も上昇してきて、連日30度超えが当たり前になってきましたね。

 

 

 

お中元や暑中お見舞い、帰省など…相手の方を想う季節です。今は、私もメールでのお伺いをすることがほとんどですが、旅先や、きれいなお花の切手や葉書を入手したりすると、やはり手書きのお手紙を出します。私は、基本「文字を書くこと」が好きなのです。

パーチメントクラフトのクラスレッスンでは、いつもは乳白色の厚手のペーパーをお好きな色にドルソー(背景的色付けテクニック)していただき、こんなレーシ―な封筒をお作りいただきました。

「どうしてるかなあ…」とふと想う方って、どなたにもいますものね…。メールなり電話なり、短い言葉のお手紙なり、送ってみましょうよ。

カルチャープログラム・パーチメントクラフト編

全く初めての受講の方が、2時間でここまで完成!

レース風ペーパークラフトと言った方が伝わりやすいでしょうか?

担当は私、芳村久美のレッスンです。日頃の「LeSalon」のコースでも、ご受講いただける「パーチメントクラフト」。

装飾として使っていただいたParisモチーフのマスキングテープの貼り位置や、エッフェル塔の小物、台紙の色を変えるとこんな感じ。

パーチメントクラフトは世界で(特にヨーロッパにて)愛されているクラフトです。お道具はすべてオランダより輸入された専用のお道具を、世界共通で使います。

厚手の乳白色トレーシングペーパーに、モチーフを白いインクとペンで描き写し、鉄筆を使ってこすり、凹凸模様を出すことによって、真っ白なレース刺繍と見間違うような模様が浮かび上がります…。

それに専用針と小さなハサミでカットテクニックを加えると、今度はレースのように見えます。

残念ながらカットテクニックまでは、今回は致しませんが、1本針という針を使って、プチプチと刺していきます…。(結構、これが快感ですよ・笑)

あなたもこの機会に1日レッスンを受けてみませんか?

次回は11日(水)10:00~12:00。5000円 (額仕上げ)です。

お申し込みは、info@le-salon.jpまで。

 

 

 

 

お引越しの季節

この3月は1人だけお別れをしました。

そう。お引越しの季節です。

私は、良くも悪くも情が移りやすいタイプなので、「お別れ」がとっても辛く感じます。

今はメールやスカイプもあるので、外国へのお引っ越しであっても近況報告が毎日だって出来るのにね(笑)。

パーチメントクラフトレッスンで、こんな季節にふさわしいカードを作っていただきました。

窓辺のカーテンとティーポットのモチーフ。「To YOU」と文字を入れて…。

レッスンとしての目的は、周りにあるお花を効果的に引き立たせるエンボス(凹凸加工)の仕方や、花芯のぺイントの仕方を学びます。

パーチメントのレッスン風景のお写真をブログではあまり掲載したことがありませんが、こんな感じ。

作業まっしぐら中!です(笑)。

このクラスではこの日は8人中、3人が花粉症のマスク姿。

レッスン中とご説明しなければ、工場での流れ作業といった様子です(笑)。

動画ではありませんので声はお聞かせできませんが、皆さん、下を向きながらも、お口はちゃっかり動いて笑い声が聞こえてきます…。

お正月にぴったりなパーチメントクラフト

このお正月にお使いいただけるように、レース風ペーパークラフト(パーチメントクラフト)クラスでは、昨年の最終レッスンでこんなものを皆さんと共に作りました~。

「お年玉ポチ袋」と「テトラ型BOX」のテンプレートを使っての型取りです。このテンプレートは、無印良品で売っていたのですよ。とっても便利なものです。このパーチメントクラフトで使う専用用紙は、厚手の半透明のトレーシングペーパーなので、型を取り、「お香袋」としました。

中にいれるお香は、写真に写っているちいさな梅型のもの…。お色は紅白2種入り。日航ホテル金沢内にあるセレクトショップで見つけた「梅香」というものですが、ほんのりとその名の通り梅の香りがします。

その香りの良さを思い出して急遽お取り寄せ。生徒さんのキットとして紅白1枚ずつ入れました。

ハンドメイドのパーチメントクラフトは、こんな風にちょっとしたアイデアで日々の暮らしのエッセンスとしてお楽しみいただけるのです。

また私はそんな内容のレッスンをお届けできるように今年も頑張りますね。