アーティフィシャルフラワーコース・ディプロマ取得おめでとう!

アーティフィシャルフラワーアレンジメントディプロマ

当サロンでは、ご希望に沿ったプロ向けの少人数制集中レッスンを随時募集しております。ご自身のペースで集中カリキュラムにカスタマイズできることがご好評いただいています。

年内開業を目標にしてご入会されレッスンを受講して来られた生徒さんが、今月、自身のその目標をクリア!

無事、ディプロマ証書を受け取られました!おめでとう~。これで今後のお仕入れも可能ですね!

アーティフィシャルフラワーレッスン1

アーティフィシャルフラワーレッスン1

彼女は「アーティフィシャルフラワー(造花)」専門の基礎コース・プロフェッショナルコースを経てご卒業されました。

最終作品は、美しい仕上がりはもちろん適切なワイヤリング・テーピングテクニックが求められるキャスケードブーケ。

アーティフィシャルフラワーレッスン2

アーティフィシャルフラワーレッスン2

Kさんは談笑しながらスラスラと作業を進め完成させました。

いつも想いは、お店の開業です。

是非、今度は実店舗に向けたより具体的な目標を持って進んでいきましょう!

お色直し用ブーケを至急。。。

つい先日。。。アーティフィシャルフラワーブーケ(造花のブーケ)のご注文をいただきました。有難うございます。

いつもながら、お嫁様に「お式の日程はいつごろですか?」とお聞きすると。。。

なんと!この22日が挙式・ご披露宴なので20日までにはとのこと!

ご自身が身にまとうための成人式の髪飾りやウェディングブーケのご注文は、皆様よりとても早い時期にご予約をいただくことが多いのですが、1週間前のご注文は、もうこのお仕事をさせていただいて20年が過ぎましたが初めてでした(笑)

「ホームページがとても素敵だったので。。。」と。

ご予算をお伝えいただき、ドレス姿のお写真をメール送信いただいて、お任せくださいました。

懐かしいことにそのお客様は、数年前に当サロンの1日レッスンにご出席くださったことのある方でした。こうやってリピーターでご訪問いただくことが出来るのは本当にうれしいこと。

今夜、お手元に届く予定です。。。

気に入っていただけるかしら。どうぞ末永くお幸せに。。。

(ブーケ写真を撮り忘れてしまい、簡易なものですいません。)

お色直し用ウェディングブーケ

 

 

スペースは…

イエロー系アーティフィシャルフラワーアレンジメントギフトのご注文で、お客様の傾向として2つご注文なさる方が何故だか多いのです。対にしたり、それぞれを別の場所に飾ってくださったり。

今回のお客様・H様は「広いスペースに置くわけではないので、あまり大きくないものがよい」とのご依頼。お色は、どんなインテリアにも映える「グリーン×バニラ」。そして「イエロー系」で。

イエロー色のオーダーも実は多いのですよ。明るいお色はやはり「元気」になっていただけるようです!

リボン使いはお好みがあるのでお尋ねするのですが、こちらもご希望される方がほとんど。しかしリボン無しのシンプルな仕上がりも素敵なのでお好みをご遠慮なく、ご注文の際には「しっかり!」おっしゃってくださいね。ギフトアーティフィシャルフラワー商品

今回のギフトもH様に喜んでいただけますように。。。

ご注文ありがとうございました。

HAPPYブーケ

挙式用ブーケ3月はお祝いごとの多い季節。

挙式もぐっと多くなります…。

LeSalonにウェディングブーケをオーダーしてみませんか?

ご予算に応じて小さなミニブーケから大きなブーケまで。あなたの「好き」を形にします。サロンのご提案は、やはりアーティフィシャルフラワー(造花)を用いたもの。

花の一番美しい一瞬を、そのままの姿で長く楽しむことが出来るアーティフィシャルフラワーを使ったオートクチュールブーケ。

ウェディングブーケ2何といっても軽いし、ライトや空調で咲き乱れる心配がありません。お写真のF様は、ご結婚式の前撮り時と本番2回お使いいただけてご満足の感想をいただきました。ご本人の表情も素敵ですね。F様はとても華奢な体型の女性なので、ブーケは通常より心持、小さ目。ドレスの計算された曲線ラインを生かすようにしてみました。アーティフィシャルブーケ

個性的な花材の選択はもちろん、フランス製のリボンを使ったり、LeSalonのこだわりをちりばめて、ブーケをグレードアップさせます。

もうひとつのお写真は、全国誌「25ansウェディング」にて「25ansウェディング御用達フラワーショップ&アトリエ全56件」に昨年掲載いただいたもの。自分でもとても気に入っている作品です。メロウな色合いが奏でる幸せ薫るヒロインブーケ。

「センスあふれる色合わせがお洒落な花嫁の心に響く  LeSalon」とサロンをご紹介いただき、「芳村さんが特にこだわっているのが、西洋絵画のようにシックかつモダンな色合いと上質感。フランステイストの詩情あふれる美しい世界観が花嫁を優しく彩ります。オリジナルオーガニックアロマスプレーで、ブーケに優しい香りをまとわせることも可能です。」と表現してくださっています。

インテリアギフトとしても、こういったブーケはおススメで寝かせて飾ってもよし。花瓶にいれても立てかけてもよしでメンテナンスがいらないので、扱いのし易さに、きっと先方はお喜びいただけることでしょう。

アーティフィシャルブーケ2

 

 

 

さらりさりげなく

ブートニエール引越しをしたので、ずっと通っていたヘアサロンに伺うことが出来なくなりました。そこは「無駄のない静けさ」という「極上のくつろぎ」を感じさせてくださる空間。プロだなあといつも感じていました。もともとパリでスタートしたブランドストーリーを持つヘアサロンなので、共通のお話はいつも「パリへまた行きたいですね!」。

ついでにちょっと、お花の余談。このブートニエール(新郎が胸に飾る花飾り)はフランス式。1輪でシンプルです。日本のようにリボンも他の小花も何も飾りません。

そんなパリを愛するオーナースタイリスト姉妹のお二人より「お心遣いギフト」をいただいたお花屋さんでフランス語のですが…。

「お花屋さんでフランス語」というご本。。。美しい装丁。。。配色も素敵なのです。あたかもパリでお散歩しながら、街の木々を見たりお花屋さんをのぞいているかのような。。。「花図鑑・樹木図鑑としても使える、愛を伝える花言葉も満載!」だそう。綺麗な写真で癒されますよ。そのうえ、フランス語と花材の勉強も出来ちゃいます。

カードもうひとつは「あ」「り」「が」「と」「う」「ご」「ざ」「い」「ま」「す」という各文字をつなげて「感謝」という言葉になったお守りカードだそう。病気の時には、その患部にあてて「今後のための気づきをありがとう」と想うとか…。私は、この本の栞としても「感謝のお守りカード」を使わせていただくこともあります。

過剰な包装もなく、さらりと現物そのものをお手渡しいただきましたが、これもまさしくフランススタイル。

素敵な大人のプレゼント。私もさらりとそんな風に人に気遣いが出来るようになりたいです。ありがとうございました。。。

 

 

 

 

はい、ブーケ。

ブーケ AFAF「フランスフローラルアート協会クラス」ではブーケレッスンで、適材適所の花選び・形・技術を学びます。

今日のホワイトローズはアーティフィシャルフラワーに見間違うほど肉厚な花弁。優美さが一段と増します。しかし白いお花は傷がつくと、すぐに茶色く変色をするので丁寧な取り扱いが求められます。今回一緒に使用しているカラー・デンファレ(洋蘭)もおなじこと。

使用したグリーンはスマイラックス。昔からのブーケの王道花材…。1メートル以上の長い状態で、それを切り分けて使うグリーンです。ブーケに仕上げてからは、葉が乾燥して傷むのを防ぐために軽く霧吹きで水をミスト状に霧吹きします。ウェディングブーケ花材

ブーケのカリキュラムをこなしていくと、やはり気分はフラワーアーティストの仲間入り。

皆さん!頑張ってくださいね~!

11月22日発売!「25ansウエディング」ブーケ掲載いただきました。

まだ残暑厳しかった9月末の撮影…。25ansウエディング表紙

昨日、全国書店にて一斉発売です。

ハースト婦人画報社「25ansウエディングvol.9ブライズフラワー」。

花飾りの特集号なのです。今までも何度かウエディングブーケをご掲載いただいています。

25ansウエディング 中表紙今回は綴じ込み付録の【25ansウエディング御用達フラワーショップ&アトリエ】の29ページにてウェディングブーケとLeSalon、そしてヒョロッと棒立ちした私(笑)が紹介されています。ほとんどが東京のお店ですので関西のショップ&アトリエとして紹介いただいているのは5件程度。それはとてもうれしいこと…。

是非、まわりでアーティフィシャルフラワーギフトやウエディングブーケのご要望がございましたら、またご紹介をよろしくお願いいたしますね…。花市場への仕入れ日によってはですが、生花対応も可能です。

ご予算、お好きなお色の系統、その他何でもご相談ください。25ansウエディング 

ヤマト便での全国発送も承っておりますので。

 

 

 

 

 

LeSalonの素敵なショップカード出来ました!

フラワーギフトLeSalonショップカード

フラワーアレンジメントギフトのご注文をいただいても、実は今までショップカードが無くて…。

せっかく私自身が一番お気に入りの「Le Salonのロゴ」もあると言うのに…。

今回、ギフトのご注文が続いておりましたが、ちょうど発送に間に合うようショップカードが出来てまいりました!!!

名刺サイズではないので、皆様がこのショップカードを大事に取っておいていただける際には管理がしにくいとは思うのですが、モチーフに対してのベスト形はスクエア型だと直感。

どうぞ皆様、今後ともご贔屓に…。

挙式の日が近づいて…

ヘアアクセサリー風がやわらかく楚々と流れる頃になってきましたね。秋は連休が多いので、皆さんもお出掛けのご予定が詰まっているのでは…?

結婚式も多い季節ですね。生徒のFさんもそのおひとり…。お打ち合わせや新居の準備への多忙さが、とってもお幸せそう…。

ブーケをご依頼いただく時には、私は必ずご本人にお目にかかるか、お写真をいただき作成させていただきます。ブートニア

1番上のお写真はヘアアクセサリー、そして右のお写真は彼がまとうブートニア。

お衣裳合わせの時のFさんの写真を、ブーケ制作のご参考までにお送りいただいたけれど、きっと当日はもっと美しいのでしょうね。

イメージ写真あわせて幸福感いっぱいのお手紙もいただいて、本当にうれしかったです。

さていよいよ10月20日がFさんのお式の日…。

秋晴れになあれ。

オ-ダーウェディングブーケ

ちなみにこれもすべて造花よ!

 

シャワーブーケ

鉄砲百合の花が気品高く、咲き誇っているでしょ?本当に美しい…。フランス式フラワーアレンジメント シャワーブーケ

こちらは「フランスフローラルアート協会」中級のアーティストクラスのカリキュラムの中でも大作です。いけこむのに時間がかかりますが、このブーケの優美さ、フラワーアーティスト冥利につきます。生徒さんの作品です。

実際にこのブーケを持つ方は、大きなブーケで重量もありますので、背の高い女性向きでしょう…。

シャワーブーケと呼ばれるのは、その名の通り、滝が美しく流れ落ちるイメージであるから…。

シャワーブーケ2よって、花材にはその流れをイメージできる柔らかいニュアンスのものがよいでしょう。こんなユーカリとか、デルフィニウムとか、ニゲラ、ラクスパー、ミスカンサスなど…。

サムシングフォー(フランス式アレンジを提唱しているのにアメリカの言い伝えを混ぜ込みますが…冷や汗 (顔)、少しブルーのお花を入れると、新婦さんは喜んでくださいますよ。